さおり先生の大人のための食育質問箱vol.2「旬のものを食べるってほんとに体にいいんですか?」

  1. コラム

質問箱より

Q:旬のものを食べると体にいい、とよく聞きます。でも旬でないものも手に入るし、あまり意識したことがありません。本当に旬のものを食べたほうが体に良いんですか?

さおり先生の回答

A:旬の食材を取り入れることはメリットだらけなんです。

日本の風土の特色は四季があり、その季節ごとの食材があり、それをうまく日々の食卓に取り入れて体に入れることで健康を保ってきました。物流や化学の発展に伴って今は年中スーパーで様々な食材が季節に関係なく手に入りますが、やはり旬の食材を入れることは体にとって、とってもメリットがあります。

一つ目、栄養が豊富
旬の食材は栄養価がとても高くなっています。野菜でいうと例えば冬が旬のほうれん草。含まれるビタミンCの量は、夏採れのものより冬に採れるものの方が約3倍です。冬採りのものは低温で太陽の光も弱い環境の中で、葉を広げながらゆっくり光合成をして植物自身がより多くの糖度やビタミンを備えて育っていきます。しかしながら夏採りのものは多くの水分を吸収するため成長が早くなり、栄養を蓄える前に収穫されてしまうからです。これは夏が旬のトマトでも言えます。夏採りと冬採りではβ―カロテンの量が約2倍違います。ビタミンCやβ―カロテンは抗酸化作用があり、老化や生活習慣病の予防にも繋がるので毎日しっかり摂りたい栄養素です。

そして旬に育てられた野菜はとっても元気、生き生きとしています。その理由はその野菜の原産地の気候にもあります。キュウリが夏に育てやすく、色が濃く、元気なのは原産地が夏の様な気候だから。生まれ育った環境に合わせた野菜にとって快適な旬に育てることが元気に健康に育つことになり、結果として栄養価が高くなり美味しくなる、ということもあります。

二つ目、美味しい
旬は野菜だけでなく魚にも旬があります。魚の美味しさは脂ののり具合に関係しています。なので脂を身に蓄える時期などが旬になることが多くなります。例えば秋が旬の鯖は夏に産卵でやせ細ってしまい、美味しくないですが、体が秋に入って回復し、丸々と脂がのって旨味が増え、美味しい時期を迎えるからと言われています。野菜も旬のものは上記のように栄養価、そして香り、旨味が高く味が濃く感じられます。食材の味が濃いと少ない調味料でも美味しく味わうことができ塩分や糖分などの摂りすぎ防止にも役立ちます。

三つ目、体が喜ぶ
旬の食材には私たちの体がその時期に必要とする成分や効能を持っているものがたくさんあります。例えば夏が旬のトマトやキュウリは水分が多く、食べることで汗をかいて失われた水分の補給に役立ちます。秋から冬が旬の大根や蓮根などの根菜類は体を温めてくれるさようがあり、煮物などの暖かい料理で冷えた身体をぽかぽかにしてくれます。

体にいいだけでなく、旬の食材は価格が抑えられて安く手に入るのでお財布にも優しく、季節を感じられるという楽しみを得られるというメリットもあります。四季のある日本ならでは!その時期に育った元気な食材を満喫して心も体も元気に過ごしていきましょうね!

管理栄養士 橋本沙織

管理栄養士として10年間の病院勤務後、フリーランスに。母になり食の大切さを改めて痛感。「食べることは生きること」をモットーに、B-LIFEを主宰。
食に関する体験を通じて食の大切さを実感してもらえる企画を主催。
糀エヴァンジェリストとしても糀料理教室や基礎講座などを通して活動中。2人の男の子のお母さん。

関連記事